北海道石狩市花川 歯科 キクチデンタルクリニック

メニュー
011-212-1818
診療案内
診療案内

インビザライン矯正治療とは

インプラント治療を選ぶ理由
透明のマウスピースを1日約20時間以上はめることにより、歯の位置を動かしていきます。食事中や歯磨きの時などにご自身で取り外しが可能なため、非常に画期的な装置です。
当院では、米国アライン・テクノロジー社が1998年に開発した、インビザライン・システムを採用しています。2016年3月現在、全世界で340万人の患者様がインビザラインで治療を行っており、それらの臨床例を基に患者様の治療シミュレーションを行うため、より精密な治療が可能です。

インビザラインのメリット

インプラント治療を選ぶ理由

1.透明で見えない

透明なマウスピースのため、目立つこともなく、周囲に気付かれずに歯列矯正を行うことができます。薄く滑らかな装置なので、違和感も少なく、話しづらさもほとんどありません。

2.痛みが少ない

過度な力がかからないため従来型の矯正装置に比べ、比較的痛みが少ないと言われています。またワイヤーやブラケットを使用していない為、粘膜に当たる痛みや刺さる痛みは無く、口内炎ができることはほとんどありません。。

3.取り外しができて衛生的

取り外し可能な為、歯ブラシも今まで通り行えます。従来型の矯正装置のように装置にプラークが沈着することがなく、歯や歯周組織を健康に保つことができます。またインビザラインは歯ブラシで簡単に洗浄することができ、とても衛生的です。

4.食べたいものが食べられる

従来型の矯正装置ですと、ほうれん草のような葉物は絡みやすく、また餅のような粘着性のあるものはくっつきやすい為、少なからずわずらわしさがあるかと思います。インビザラインの場合は取り外しが可能ですので、普段と変わらず食事を楽しむことができます。

4.金属アレルギーの方も安心

素材がプラスチック製の為、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。金属アレルギーで矯正治療を断念した方も、安心して治療を受けて頂くことができます。。

4.通院回数が少ない

1〜2週間ごと(症例によって異なります)のマウスピースの交換はご自分で行います。定期的なチェックに必要な通院は1.5〜3ケ月ごとです。このため忙しい方や遠方の方も負担が少なくてすみます。

インビザラインと他のマウスピース矯正の違い

世界にはインビザラインに似たマウスピース型の矯正装置がいくつか存在します。見た目も透明で形もそっくりなので、全く同じ効果と使用用途があるものだと誤解されています。しかし実際には製作工程と治療システムが大きく異なるので、治療効果や治療が出来る症例の範囲も大きく異なります。

インビザライン
他のマウスピース矯正
メリット
高度な治療設計を作成するため、適応症例が広い
型取りは1〜3回、治療計画が明確
比較的費用が安い
デメリット
治療プログラムの作成が必要な為、術者の矯正の技術や経験が
治療結果を左右することがある
適応症例が狭い
毎回型取りする必要があり、苦痛が伴う
治療期間
数ヶ月~2年程度
数ヶ月~2年程度
来院頻度
2ヶ月に1回程度
1ヶ月に1、2回程度

こんな方が選択しています!

インプラント治療を選ぶ理由
・芸能人やモデル・スポーツ選手
・ワイヤー矯正の仕上がりに満足できていない方
・人と接する機会が多い方
・金属アレルギーがある方
・とにかく目立たず短期間で治療を終わらせたい方

マウスピース矯正の治療の流れ

STEP1 カウンセリング

患者様の歯並びの悩みをお聞きし、現在の状況、マウスピース矯正とその他の治療法の説明、 治療期間、費用などの矯正治療全般のご説明をします。

STEP2 精密検査

口腔内診査、レントゲン撮影、口腔内・顔面写真撮影、歯の型採りなどの精密検査を行います。 検査時間は約30~40分程度です。

STEP3 治療計画

検査結果をもとに、3Dコンピュータ画像にて、治療開始から完了までのシミュレーションを行います。 歯科医院で採った歯型やレントゲン写真等の資料をもとに、世界トップレベルのドクターが一人ひとり の歯並びに合わせて、歯の動きをシミュレーションして、「アライナー」を作成します。

STEP4 治療開始

マウスピース装置をつけて治療開始をします。患者様は一日20時間以上アライナーを装着、 約2週間毎に新しいアライナーに交換し歯を徐々に治療目標に向けて移動します。

STEP5 治療完了~保定

矯正で動かした歯は、何もしないままだと、もとの治療前の場所に戻ろうとします。 これを「後戻り」といいます。一定の期間、リテーナー(保定装置)を装着し、数ヵ月に1回 程度の頻度で歯並びのチェックをしに通院をして後戻りを防ぎます。

FAQ

Q. 他のマウスピース矯正とどう違うの?

A. 症例データを分析して、数多くの症例にきめ細かく的確な対応を可能にする進化を遂げてきた矯正歯科治療法です。 事前に3Dシミュレーターで段階ごとの歯の動きや最終目標の歯並びをご確認いただいて治療が行えるのはインビザラインだけ。

Q. マウスピース矯正って欠点が多いって聞いたけど?

A. 取り外せる矯正器具。これは口内の清潔を保つために大きな効果を発揮してくれますが、逆に外している時間が長くなると歯が思うように動いてくれません。 そのため、20時間以上使用するという条件が付きます。一方、ワイヤーを使った矯正器具は24時間装着したままですので、確実に効果は現れますが、どうしても口腔内の衛生状況はわるくなります。

Q. 子どもでもインビザラインはできるの?

A. お子さんの成長は予測できません。 インビザラインは治療終了までを予測して治療計画を綿密に立てていくので、永久歯に生え変わって固定されるまで治療を行うことができません。

Q. 通常の矯正と比べて治療期間が長くかかってしまう?

A. ワンステージ動かす距離幅は少ないのですが、ムダなく動かしていくので治療期間はワイヤーを使ったものとあまり変わりません。

Q. 動いた歯が戻ってしまう?

A. どんな矯正方法でも、歯並びを整えただけでは元の位置に戻ってしまいます。特に治療直後は動きやすいので、リテーナーで保定します。歯と骨が落ち着いてからも、整えた歯並びを保つために夜だけリテーナーを装着することをおすすめしています。

Q. ワイヤーとマウスピースで歯の動きに違いはあるの?

A. ワイヤーの場合、大きく動かしたい歯の隣にある歯には大きな力がかかります。そのためその歯だけダメージを受けやすく、また微調整のためにムダな動きを必要とします。 インビザラインの場合、最終目標までをいくつかのステージに分け、それぞれのマウスピースで必要最小限に動かしていくのでムダな動きがありません。また、歯全体に力が分散するので、特定の歯にダメージを与えるという心配もありません。

Q. インビザラインができない場合ってあるの?

A. 重度な歯周病の場合、矯正治療を行うことで歯が抜けるおそれがあります。そのため、矯正治療に入る前に、しっかりと歯周病の治療を行う必要があります。また顎関節症の場合も、その治療を受けていただいてからとなります。歯の数が少なかったり、咬合力が強すぎたりなど、症例によってインビザラインだけでは矯正が難しいなどもまれにありますので、まずはご相談ください。

Q. 治療期間はどれくらい?

A. 動かしたい歯の本数やその距離幅によって大きく変わりますが、平均で2年から2年半程度です。多くの場合、まず1年半でほぼいいところまで並べて、その後半年から1年ぐらいで微調整を行います。

Q. マウスピースをつけたまま飲食はできる?

A. マウスピースを外しての飲食となります。マウスピースと歯の間に食べ物が挟まってしまうと、むし歯の原因となる糖などが歯と密着して非常にむし歯になりやすい状態となってしまいます。また、お水は飲むことができますがお茶など色のついた飲物は歯とマウスピースの間に入ってしまうのでやめておいた方がいいでしょう。 特に装着したまま赤ワインを飲むと、ちょっとしたホラーになってしまいます。

Q. 失敗することはあるの?

A. 装着時間が短いとうまく歯が動いてくれません。また、もし他の理由で一部だけ動きがよくない場合については、ノウハウを基に新たに対処法を組み立ててフォローしていきます。

Q. 抜歯をする必要はあるの?

A. できるだけ歯を抜かないことが当院の矯正治療の基本方針です。ただし、思うような歯並びにそろえるためにはどうしても抜歯の必要がある場合もあります。その場合には、患者様に詳しくご説明し、ご同意いただいてからの抜歯となります。

Q. 虫歯や歯周病があっても矯正はできるの?

A. むし歯や歯周病は、しっかり治療をしてからでないと矯正治療は行えません。

Q. 発音が悪くなるというのは本当ですか?

A. 慣れないうちは少し発音がしにくい方もいらっしゃいますが、数日でマウスピースに慣れれば普段通りに話すことができます。インビザラインはニュースキャスターやアナウンサー、俳優の方々も治療を受け、問題なくお仕事をされていますのでご安心ください。

Q. ホームホワイトニングをこのマウスピースで行えますか?

A. 残念ながら、インビザラインのマウスピースにホームホワイトニングを使ったホワイトニングはできませんが、保定で使用するマウスピースはホームホワイトニングのトレーとして使うことができます。詳しくはお問い合わせください。

Q. 歯が動くときに痛みはありますか?

A. 素材がプラスチックでワイヤーに比べ強い力がかからないため、痛みは少なくなっています。最初の3日が一番違和感があると思いますが、個人差や性差(女性は出産などがあり、もともと痛みに強く出来ているので男性より痛みに強い)があるので、女性はあまり心配しなくてもいいと思います。 逆に、インビザラインスタートした女性の患者さんから「こんなに痛くないのに本当に動いているんですか?」という問い合わせも結構あります。

Q. 装着は1日中つけっぱなしですか?

A. 装着は1日のうち20時間以上装着です。「メガネをかける」「コンタクトをつける」「お化粧をする」「服を着る」などと同じ感覚になるのでだいたい最初の1週刊ぐらいで20時間装着する習慣に慣れる方が多いようです。

Q. 保定期間もずっとマウスピースを装着しなければいけないんですか?

A. 保定装置は半年から1年ほどは1日中装着していただきますが、ある程度歯が安定したら、夜間のみに移行します。最終的には夜間も毎日ではなく週1日ぐらいになるのが目標となります。

Q. インビザラインは最初に全てのマウスピースを作成するとのことですが、途中で合わなくなったなどの場合どうするのですか?

A. 何らかの理由でシミュレーション通りの力がかからない、アライナー(マウスピース)を規定時間装着していない、などの理由でマウスピースが合わなくなり、治療計画を再作成しなければならなくなることはあります。その場合はマウスピースも作り直しとなりますが、インビザラインは5年間の保証期間があり、作り直しや追加作成の費用は一切かかりませんのでご安心ください。ただし、検査費用のみ別途いただく形になります。

動画 歯並びスマイル



当院のインビザラインはコスモルソ表参道の伊藤院長と提携して行っております。

インビザライン装着写真



装着前


装着中


装着後

011-212-1818